スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイフェックス・ツイン

昨日のお店で
エイフェックス・ツインやスクエアプッシャーや
そんな話をして
今日
何の脈略も無く
ファンクストラングのアルバムを聴いて
少し 思い出した事を書きます

エイフェックス・ツインの作品を初めて買ったのは
もう10年以上も前の事です
たしかビデオが期間限定で
¥999!みたいな触れ込みに誘われた結果です

どんな音楽かも知らず

クリス・カニンガムのPVが面白かったので
買った事に後悔はしませんでした

当時の自分の感覚を紹介しますと

オアシスのレコード→1回聞いて終わり
BECKのレコード→数回聞いて終わり
ビースティボーイズのレコード→買ったけど聞いた覚えが無い

こんな感じ

そんなレコードと比べると
エイフェックスツインは
その後に続いたので
好きな音だったのだと思います

Tシャツコレクション Vol.3 その2

WIRE12
Tシャツコレクション!

〜出演者も把握しないままに〜

テクノという言葉
僕らの世代(1978年生まれです)
ではハウスという言葉よりも
テクノという言葉の方を早くから使用していたのでは
ないでしょうか

電気グルーヴの教え

ハウスありきのデトロイトテクノとも知らずに

テクノ専門学校という石野卓球監修の
コンピを手に入れたのは
発売日から少々遅れていましたが
4つ打ち といえば専門学校の卒業生らしく
ワープ R&S ライジングハイに偏って
今でもカスパー・パウンドが好きでたまりません

テクノという言葉は
YMOに由来し
YMOがいなければ
デトロイトテクノは無かった
という名残をずっと抱えていきてきましたが
現在の情報社会
ざっと調べても
そうとは決めつけられない

教典のように情報が伝わって行った
アノ頃に戻りたい

さて WIRE12
今回もかっこいいTシャツをパチリ パチリと
写真に収めてまいりました

WIRE12 主な出演者
DERRICK MAY
DJ hell
Ken Ishii
JESPER DAHLBACK
TAKKYU ISHINO

Tシャツコレクション WIRE12編

今回一人目のパチリ

IMG_0172.jpg

LFO 
マミヤさん

街でこのTを見かけても
LFOとは読めなかったはずです
すなわち、自身がなかったので
これはLFOですよね
チルアウトの
と疑問文で話しかけてしまいましたが
やさしく ご返答をしていただきました!
レプリカだそうで
自作だそうです!!

IMG_0174.jpg

Underground Resistance
マツシタ ユタカさん

URの二文字ホントかっこいいなぁ
もう すぐに目に飛び込んできます!
デトロイト!WIRE恐ろしいパーティですよね!
UR ロバート・フッドどうでしたでしょうか?

IMG_0175.jpg

Einstürzende Neubauten
ヨシムラさん

伝家の宝刀 風俗嬢のポーズを披露して頂き
ありがとうございます
ステキな写真が撮れました!!

ドミューンゼロに続き
ノイバウテン!
これは 間違いなく
ノイバウテンブーム到来!

IMG_0178.jpg

YMO
クミコさん

表にテクノ
背中にポップ

テクノポップ Tシャツ
存在感の固まり
ピンク色も売っていたそうです

電気グルーヴTシャツと
YMO Tシャツの2ショット
貴重な構図を有難うございました!

IMG_0177.jpg

The Police
シマさん

この際
中村とうよう風に
ポリースといわせていただきます

このゼニヤッタ・モンダッタのジャケ画
80年代のレコジャケデザインの
フルコンタクト具合はどうなっているのでしょう!
何処にプリントしても染み付く
人なつっこさ
ヤレたトコロで味が出る!
素晴らしい!!

ここでヒトツ

中村とうようさんの
ポリス 5枚目のアルバム
『シンクロニティ』評価を紹介いたします

ポリース流テクノ=エスノ=ファンクと呼び得る
サウンドがタイトルナンバーほか数曲で聞かれ
メタリックだが冷たくないという
現時点のハヤリの音の中で僕がいちばん
いいと思えるサウンドを
ポリースも達成している

80年代の文章

WIRE×THE POLICE。
テクノ=テクノポップ=ピコピコ
80年代日本文化の認識。

あとがき

WIRE Tシャツ探し楽しかったです
もう少し時間
そして 会場内に侵入できたならば
と考えると興奮覚めやりません。
といったところでコレクションを締めさせて頂きます

皆様
駒込にお立ち寄りの際は
是非 マルイケハウスへお立ち寄り下さい!!

Tシャツコレクション Vol.3 その1

WIRE12 Tシャツコレクション

活動開始 早々に TENGA Tシャツを拝見し
平静は気勢へ

とはいえ
時間を戻す 
横浜アリーナに到着したのが
11時。
予備知識を携えないで挑戦する自分が愛おしい
気まま という称号を獲得した過去を持つ

WIREが始まるのが18時。熱い。気温が。

とりあえずIKEAで暇を潰す。

15時位に再び横浜アリーナ最寄り新横浜駅に
ブックオフがあったのでそこに入店
健'Z のCDが500円だったので買う。
ついでに三田明のCDが250円だったので買う。
なぜ サッサとアリーナへ行かないのかと
問われるならば 『熱い』からと答える。気温が。
状態はグッタリしている。熱くて。
で、アリーナに再度到着してのTENGA。

手淫と自慰がゴッツンコ

というスピンオフ

Tシャツをコレクション

ひっくり返って金になってたのに
取られて使われたからまた歩です。

つまり
あのサマソニオフィシャルのTシャツを着ていた人たちは

行きの電車の時点では
他の洋服を着ていたはずなんです!!

と、さっき気付きました

だから 自分好みのかっこいいTシャツを探すには

フェス1日目 朝が良いのでは。

8月25日

WIRE12 行ってみます!!

サマソニ2012 Tシャツコレクション惨敗。

朝10時少し過ぎ
幕張メッセ到着

とりあえず
チケット交換所の近くで向こうから
続々やってくる人の波を拝見

一時間程歩き回って

アウトレットをブラブラして

喫茶店でサンドイッチを食べて

帰ってきました。

先日のドミューンゼロで
かっこいいTシャツを着ている人を
沢山見ましたので

規模でいえば
サマーソニック!!
沢山の自分好みのバンドTシャツに出会える
ような気がして サマーソニックに!!
チケットないので会場外を散歩

とりあえず
オフィシャルのTシャツのヒトツが
ニューヨークドールズのフォントに見えて

もうヒトツが
Suicide の1stアルバムのデザインに見えてきて

最期の方は視界がバカになっていたので
何度も目を疑いました
もう目を信じられません。

着ているTシャツは
サマソニ2012オフィシャルのモノが多かったです

リアーナも多かったです

グリーンデイも多かったです

ストーンズが3人

Joy Division
UNKNOWN PLEASURES POSTERが2人

マイケル・ジャクソンが3人

北斗の拳
ジャキが1人

ビートルズが4人

ストーンローゼズが1人

ゴーストバスターズが1人

バックトゥーザフューチャーが1人

あとは自分の知らないバンドTと
自分の知ってるバンドTの人が沢山いました!!

と、いった所で

写真は1枚も無いです
行きの新宿駅でスレ違った女性の
JUSTA RECORD のTシャツに懐かしさを感じ

帰りの新木場駅のエスカレーター
自分の前に立っていた
女の子の
Tシャツ バックプリント
MATSURI STUDIO が目に焼き付いています。

今帰宅。
translate
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
商品
プロフィール

PACK Record (山田卓弥)

Author:PACK Record (山田卓弥)
パックレコードとしょしつ

オープン
土曜日、第1、第3日曜日
14:00~19:00
営業日http://packrecord.blog2.fc2.com/blog-category-25.html

東京都北区田端4-3-3

https://twitter.com/PACK_Record

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。