スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンナーくんとシンナーさん その2

少なくても
トラック野郎の劇中では
警察官の頭を棒で小突いても
逮捕されたりしません
由利徹じゃない方の
警察官を叩いたら
怒られるかもしれないけれど

小学生の頃友達が
調子に乗って
おまわりさんに
カンチョウしてしまいました
凄く怒られた
僕は関係ないのに
恐くなるくらい怒られた事を覚えています

多分あの時やあの時代 逮捕に至らなかったのは
まだ
警察のヒトも
警察官というジョブみたいなものに
のみこまれず
人間だという事実が勝っていたのだと
感じたい
良いかげんな時代

もう 今は確実に
おまわりさんの 頭をぶったら
逮捕されます

カンチョウしたら刑務所に入れられる

恐い。

今からの お話は そんな時代のズレが
関係しているのかも しれないなぁ
とも考えられる お話です。

ディスコテックという言葉が好きです

ファンクとかソウルよりも
ディスコミュージックの方が先に
好きになりました

一番最初に買ったディスコアルバムは
ヴァン・マッコイ 

ハッスル!!

レコード店でアルバイトをして
ディスコのドーナツ盤がゴミの様な扱いをされていて、、
100円とか

ソウルドラキュラとか聞いた時には
何の疑いも持たずゴミ扱いでしたが

テイスト オブ ハニーのドーナツ盤を偶然聞いたあたりから
ソコに混ざり腐ってしまっている7インチレコードを探す日々



すこし
話が跳躍し関係ない方にそれますが
リアルタイムでソウルトレインを経験していない
世代の人間って
あの番組を理解できていないんだろうなぁ
とも思っています 自分も含む

さて
店舗内作業
6年前のある日、中古レコ屋勤務のその日その時

小さくてニコニコしたオッサンが来店しました
後の通称、シンナーさんです

おじさんに話しかけてみると
脳梗塞で倒れてリハビリで大分回復したんだよ!
今、息子に世話してもらってんだ、、
体調が良い時少し働いてるんだよ という事情

店内見回して
ヒトコトフタコト残して その場を後に

数日して再度来店
なんか信号の周辺の工事の手伝いをしている
そうだが
服とかも汚れてないし
第一 今、何中なのだろう
仕事中なのかなぁ
なんか 病み上がりで
息子の工事会社で働いてる呈で
くっついて来てんのかな
撮影日の女優のトイプードルみたいで可愛いなぁ
みたいな目で見ながら

フタコト程度しゃべって エサの時間かなんか知らないけど
お店からカワイイ感じで出て行った

そんな繰り返しが続いて
徐々に
オッサンの青春の思い出が暴露されて行く、、、

その中でも
ハートにかなりの深さで突き刺さったのが
シンナーの話だった

ただの
若い頃シンナー吸ってよー
位の事では
それ以前に
♯s&♭sさん
からヒロポンの話を聞いた事が有るので
そのフォルダー的な部分にそっと収めていたのだと思いますが

その吸飲の枕に
「オレがシンナーの走りだ!!」
という
冠がついたのだから2度見どころの騒ぎではない

「オレが日本で一番最初にシンナー吸った!!!」

見栄をハッテくれたシンナーさんの顔
カッコ良かったなー

「警察もよそんなの見た事ねーみたいでよ」
「ちょっと吸わせてくれよとかいって」
「ふらふらして行っちゃったよ」

と、当時の思い出話

んー。そうなんだろうな、何しろ日本初の事が
ソコで行われているのだから と、納得

という話をして シンナーさんは誰かに呼ばれたのか
足早に店舗を後に 

務めていたレコード店が
埼玉県大宮市
という事もあって
ショウケンの話は
色々な方から聞きました

シンナーさんからも
そんな話題を聞き
徐々に 音楽の話もする様になりました

しばらくたって
シンナーさんが
昔 ディスコに行っていた!
という話を 目を輝かせながら
夏の熱さを
店内の冷風になびかせ 語り始めました

ディスコの映像や絵は
当時の映画やアニメで多々見た事があります

『あしたのジョー』の
にくいあんちくしょう という回に出て来る
描写が好きです(追記)

シンナーさんが
ディスコテックの話をしたキッカケが
テンプテイションズのベスト盤を手に取った
行動発

裏面をみて
「あの曲が好きだったんだよなマイガールじゃなくて、ほれディスコでかかってた」


との問いかけに
LPレコードのテンプテイションズも好きで
聞いてはいましたが
どの曲が売れた曲なのか さっぱりの自分が情けない・・

そんなやりとりを 何度か
行った後
ついにその曲が何なのか解らず終い
シンナーさんは お店に来なくなりました
おそらく信号工事終了とともに

少し前 テンプテイションズのクラウドナインの映像を見ていて
ふと
シンナーさんが探していたの
クラウドナインでしょう!!と、なぜか無性に感じました

あの 痩せた体を一回りガッチリさせて
その 丸くなった性格をトンガラせて
しばし 回想させると 
タレントが発するあの ヤンチャ
という言葉にピッタリあてはまる
シンナーさんの姿が浮かび上がり

シンナー吸ってる姿も
道端でアホが吸ってる姿ではなく
映画ヘアピンサーカス的な
ジャズとか流れる廃墟の中で
アホが吸ってる絵が浮かび上がってきて

トイプードルみたいなシンナーさんを
懐かしく
今まで見てきたいいかげんな人間を恋しく思い返します。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

translate
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
商品
プロフィール

PACK Record (山田卓弥)

Author:PACK Record (山田卓弥)
パックレコードとしょしつ

オープン
土曜日、第1、第3日曜日
14:00~19:00
営業日http://packrecord.blog2.fc2.com/blog-category-25.html

東京都北区田端4-3-3

https://twitter.com/PACK_Record

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。