スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンナーくんとシンナーさん その1

ラリルという事が
実社会において
ドノヨウな症状なのかという 解釈は
わかりませんが

シンナーくんとシンナーさんについて
少し文章を書きます

以前にもフリーペーパーかブログか何かに
寄稿した事がありますので 文章のスジは重複するはずです
ご了承ください。。。

一番最後の学校というのが
T学園の映画科です 中退です

その時に出会ったのが S くんです
後のシンナーくんです

数日前にツイッターに書きました
出会ってすぐ初対面の僕に
桂文枝問題をぶつけて来たハードコア青年です

ズボンに
BLACK FLAGとかデッケネとかの
パッチワークをトコロ狭しとハッ付けている感じの

その
ズボン破ってパッチワーク
ズボン破ってパッチワーク
ズボン破ってパッチ
という
栄光の末は
女の子がコッチ向いて笑ってるから
何かと思ったらズボンの穴から
おチンチンが出てたよ ヘへへ。といった感じの
一見は正道な男でした。

クラスは1学年で3クラスあり
自分のクラスはおかしな人間が多かったので
わりと楽しかったです

ある撮影実習の授業
8人の班で
照明さん カメラマン 記録のヒト 監督 P 等々を
振り分けて プレ撮影実習な そんな授業
 
僕のクラスは4人
ラインナップは

緊張したからお酒を飲んで来たよ!
と、登場!! 
ヒトミシリのジャンボくん

いつも、お洒落なヴェルヴェットくん

そしてシンナーくん

そうしまして 私

他の4人はBクラスの人が3人とCクラスの人1人

監督はCクラスくん

公園での撮影

主人公が
バイトからアパートへ戻る帰り道
という設定。

絵に動きがないという事で
ギターの弾き語りしてる人の
映像が撮りたい!その前を主人公が通過する絵を!!
という ありったけの C の知恵に おつきあい

Cクラス監督が
スタッフの僕らに出演を強要
だれかギター弾いてくれ、と

まず挙手したのが
ヴェルヴェットくんだった

ギターを持って
くりだした曲は

『ヘロイン』 

ヴェルヴェットアンダーグラウンドの曲
だった。

コノ曲しか弾けない、という事でしたが
曲のイメージが合わないと!
フォークソング的なモノを!!
という Cクラス巨匠の 暴挙に対して

シンナーくんが
純粋に手を振り上げ 挙手

変わったフウもなく
正論の形として唄い出したのが

「おどー おどー」と

三上寛の『おど』だった

そんなやりとりの裏で

飲酒の
バレたジャンボくんが
同級生に しかられてた

ジャンボくんニコニコしてた

という
楽しいクラスでした

話を戻して シンナーくんとは
よく遊んだ

たいがいは 公園のブランコで揺れながら

ハヤリのフォークソングについて談義

なぎらけんいちとか 友川かずきとか
こちらサイドのハヤリのラインの

その首途は
シンナー買いに行くから
ついて来て ということで
プラモデル屋さんへ

ニオイかぎながら選んでるの見て
あー こいつ吸うんだなと、感じた日

高円寺をブラブラしていたら
ハナビラ大回転の看板横に
小粋にチャリ、シンナー号を駐車しているのを発見し
あー 今アクターと大回転中か、という夏の終わり

やっぱり チャリには目立つ様に
アンスラックスのステッカー貼っとかないと
アイデンティティやアピールや
公に向けた存在意義を確保できないのだなぁという
後ろ盾の重要性享受

この人が 色々な課外勉強をしていた事は
そんな一連からも 見て取れるのでは
ないでしょうか

彼の家に遊びに行って
ゲロゲリゲゲゲ聞きながら
ガロを読んで

冷蔵庫を開けて
2つのビンを取り出し
オレンジジュース半分と
モウ一瓶 
世間一般的には
飲料用としては扱っていない
ぼやかして いえば洗浄用として
薬局で売られているモノをドボドボと
オレンジに流し込んでいるのを
黙認

「ジュース飲む?」と気を使って頂いたので
好意を踏みにじる事はできない!と
その毒入りジュースを頂いたり

冷蔵庫に入ってたのに 何?このヌルさ!
と、不快感を持ったり浮遊間をいただいたり
私としては 普通の学生生活。
僕としては
それほど 吸 にも 飲 にも興味がなかったのが
サイワイして 人生をダメにする事もなかった訳ですが

そういった 成分調べも立派な勉強 よろしい!
と、年上目線で眺めていた

という見解

今思えば
シンナーくんの課外授業の生徒として立派に
使命をまっとうできた 過ぎ去りし日の自分に感謝。

さらに
マリア観音というグループが頭の隅にいつまでも
在りつづけるのは

あるレコード屋に2人で行った始末
シンナーくんが小さな声でいった

「あれマリア観音の人だ!」というヒトコトが
何故か忘れられないからです。

連想ゲームだと
私 男だから 白組です

小沢昭一が
レコード屋 ミュージシャン

とのヒントを出したら

「マリア観音!!!」と答えます

そんなバカな話を追加して。。

自分は人との出会いへの
感謝が薄いと自覚済みです

シンナーくんは
一年目の冬休み後
急に学校に来なくなりました

「エスパーさん(当時の恥ずかしい あだ名‥‥)寂しいでしょう」
みたいな事を皆さんに言われ
「別に」みたいな、不機嫌な面して返答をしていましたが
そりゃー寂しいだろ、というトコロもありました

僕らが2年生に進級してしばらくして
シンナーくんが学校に帰って来ました
留年という形で1年生として

新宿の公園でホームレスとして
課外勉強をしていたそう

そんな出来事と
入れ替わる様に
僕は2年の夏休みにヒッソリと
学校をやめた

誰にも言わずにやめてしまい
直後、携帯電話を紛失、という結果
特に誰かに 過程を知らせようとは思わなかったワケです
学校に行けば何方かに会う事はできた訳ですが
→出会いに感謝精神の欠落
あたり前に
ジャンボくんともヴェルヴェットくんとも再会はしていませんが

シンナーくんとは数年後 一度 
下北沢歩いていたトコロ 偶然会いました

ちょうど その時は祖母とのホボ二人暮らしで

祖母が習得した
ボケという技!
技 vs 防御 技 vs 受け流し
そんな
修行の毎日に
精神的な疲れがグングン、ヒートアップしていた時期

別れ際 シンナーくんには 
会わなきゃ良かった。と言われました

特に今の自分の立ち位置も言いませんでしたし
僕もシンナーくんが その時何しているのかも
聞きませんでしたが

会わなきゃ良かったという言葉は

今までの空気感では わりと普段通りで
ごく自然な相槌
皮肉の反対か照れ隠しにも近い表現だとの理解はO.K.でしたが

精神的なグロッキーから
あれは実直な言葉なのかとも
なんか外面に いけない雰囲気が
漏れ出していたのかなと、自問自答
それも存在。

出会いをゾンザイにする悪いクセ発動、、

また そのうち会えるだろうと
連絡先を聞かなかった事が
悔やまれます

王将でラーメン喰ったのですが
何を話したのか 全然覚えていません

「Tシャツだけは威勢がいいなぁ!」
と喝采を受けました

赤い字で、仁義なき戦い

シンナーくんが
発した言葉で一番覚えているヒトコトたぶん喝采



おそらく あの学校、
クラス分けの時点で
ヒトをふるい分けしていたと思います

Cクラスのヒトが割と業界人として
育って行くのかな みたいな感覚は
生徒の僕にも解りました

でも 三上寛も知らないヒトが監督するよりも
ガロを通過した人間が監督になるという事

それが
現在 視聴者としての自分が求めるところで有ります

今から知るのではなくて
知っていたという事実と
今からやるのではなくて
やっていたという経験が

安心できる要素でもあります

だから 浮遊感とトリップとラリルが
イコールで結びつけられる文化よりも
なぜか解っている文化に
居心地の良さを感じてしまうノスタルジアの話でした。


追記

あー のすたるじあっていう家具屋さんもあったなぁ
と 連鎖。
ドンジャラの
ドンジャラ病 病気か、

文章において
思い浮かんだ事は書きたくなってしまう
ペンに対しての手淫の如
これは病気じゃないが
文章をマトメル事が非常に困難
書かなきゃ良いが書いてしまう
。。  
結果コノ長文。。。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

translate
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
商品
プロフィール

PACK Record (山田卓弥)

Author:PACK Record (山田卓弥)
パックレコードとしょしつ

オープン
土曜日、第1、第3日曜日
14:00~19:00
営業日http://packrecord.blog2.fc2.com/blog-category-25.html

東京都北区田端4-3-3

https://twitter.com/PACK_Record

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。