スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANTHEM Vol.2

101125_2050~01

http://anthemusic.net/

大貫さんといえば
ボクらより 一回りも世代が上のかたは
レコードのライナーノーツでおなじみでしょう
僕自身 大貫さんのライナーは好きで

今の様に 知ったかぶりの連鎖でも
情報がイッパイの時代と違い 
あの当時の ほとんど情報がない様なミュージシャンの
レコード解説文、心情含めサッラットした語り口を
楽しみながら読んで 勉強していた僕にとっては
教師の様な存在です

ANTHEM Vol.2 入荷しました!
http://anthemusic.net/
表紙は大貫憲章さんです!!

ところで 私 中古レコード店と表現するにはお粗末ながら
パックレコードとしょしつ というお店を
土、日曜日を中心に行っております

あくまで 店舗販売にこだわっているのは
音楽好きと話したいから
それだけです

5年程前
街の中古レコード店で働いていた事もあります
その時の 

どーでもない 

思い出話を 聞いて下さい

おる日 男の子が彼女を連れて来店いたしました
当時
僕は お店のBGMとして
首里エイコとか山口百恵も
雪村いづみやキングトーンズはもちろん

自分の中で 耐えられない程 ステキな音楽を
よく かけていたのですが

そんな 音楽をいつもかけていた訳ではなく
若いお客さんが入ってきた時を
中心にレコードの針を落としていました

所詮 そんな時ヒットソングをかけても
自分にとっての有益な時間に発展する事もないでしょうから

若い人が聞かないであろうステキな音楽を
提供しようと 決めていたんです

その男女が入店してきたとき
何となく 平山みきの真夏の出来事をバックグラウンドに




すると男の子が僕に話しかけてきたんです
「コレ誰ですか?」と

奥で恥ずかしそうにしている彼女に
僕が教えた 平山みきというキーワードを伝える
男の子を見て
あー 彼女の趣味かー と少し嬉しく思いました
それから
何度かお二人さん 来店する様になり
話して行くうちに

彼女はLONDON NITEによく行くらしく
その影響で 日本のカヴァーポップスが好きになった
という 話を聞きまして
ヘー と思いました

その彼女が編集したCDをもらったりしまして
内田裕也のフラワーズとか入っていまして
すげー と感じた
そんな どーでもない 思い出があります

僕自身は LONDON NITEに行った事はなく
大貫憲章さん主催という事しか知りませんでしたので
イベントを語る事は出来ないのですが

なんか カッコ良いイベントなんだろうと 思っています

そんな 大貫憲章さん 表紙の 
ANTHEM Vol.2 お店にあります!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

translate
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
商品
プロフィール

PACK Record (山田卓弥)

Author:PACK Record (山田卓弥)
パックレコードとしょしつ

オープン
土曜日、第1、第3日曜日
14:00~19:00
営業日http://packrecord.blog2.fc2.com/blog-category-25.html

東京都北区田端4-3-3

https://twitter.com/PACK_Record

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。