スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セレクトショップであやす

敵に背後を取られるな!
敵ではないが背後からの語らいは時には
気分を上下させる

あの空気感は何なのでしょう
あのビームスとかユナイテッドアローズとかシップスとか

ヒヤカシで店内に侵入して
予定通り何も買わずに 店を脱出
その繰り返し

じゃあ何故入店するのか?
その問いには 気の利いた解答はありません

なんか だいたい 雑貨見回して終わるんですよね

雑貨が好きなだけでしょうか

思えば 10年以上前 群馬に住んでいました
市民体育館での新日本プロレスの興行を見ておりました

わりと中盤の試合
何やら 後ろの家族連れが
話しております

親 「マイケル・ウォールストリート応援しろよ!」
子供「いやだよー」
親 「マイケル・ウォールストリートって叫んでみなよ!」
子供「いやだよー」
親 「ほらマイケル・ウォールストリートって!」
子供「もーうるさい」
親 「マイケル・ウォールストリート!って」

そもそもですよ 
マイケル・ウォールストリートっていう知名度が低い外国人レスラー
に歓声あげるなんて 玄人じみた事は 子供にはまだ早すぎます

さらに
藤波にたいしての ドラゴン!
千代の富士に対して ウルフ!!
市川海老蔵に対しては 成田屋!と

そのスマートでありサラッと叫べる 
コール標準という物がある訳です

マイケル・ウォールストリート というのは 長すぎる
そこの お子さんの様な若いのには 難しいでしょう

と 思いつつ しょっぱい 試合を
こちら十分に楽しみながら 観戦

親 「マイケル・ウォールストリートって!」
子供「いやだよー」
親 「マイケル・ウォールストリート!言ってみな」
子供「いやだよー」
親 「マイケル・ウォールストリートって!」
子供「もーうるさい」
親 「マイケル・ウォールストリート!って」

と 続く 

そもそも ヒヤカシでしょう 
マイケル・ウォールストリート に失礼ですよ

だいたい コノ試合の
フォールされての負け要員の香りがプンプンする
マイケル・ウォールストリート選手への敬意なし

と、 僕の中では もう いいよ
オレが叫んでやるよ!感情が最高地点

「マイケル・ウォールストリート!」と大声で叫んでみました

あの気持ちはマイケルさんに届いたのでしょうか

後ろの家族は ソレ以降静かになった

昔から グレンチェックが好きです
ビームスでグレンチェックのズボンを見ていました
腰を落として 
グレンチェックを触ったり 持ち上げたり

しばらくすると
女性の声
座っている僕の頭越しに
ズボン指差して
女性「ジュンがあのズボンが欲しいんだってぇ」
女性「親父臭いー」

今見ている ズボンは グレンチェック
その隣に並んでいるズボンもグレンチェック
あのズボンっていうのは グレンチェック柄の事ですか?

天下のグレンチェックに向かって 親父臭いとはなんですか!!
その観客である小生が
優しく肌触りを楽しんでおる 充実した時間をひっくり返す、、

十年前の自分なら どんなアクションをやり遂げていましたか?
今の私は
あっ コレも良いなぁ みたいな態度で 
その丁目も川こえて市も変わってしまう程の距離にある
ネズミ色のスラックスに引き寄せられる みたいな
演技して その場を離れました

ゴルゴ13のように女性を殴りつけるワケでもありません
後ろ姿で出来事を語りながら 店を出る
さぞ 哀愁を帯びた 背中は 今だ継続中。
スポンサーサイト

delmark

お気に入りの Tシャツ 最近 色あせが目立つ

中でも 愛用のデルマークのヤツが もーダメだ

今働いてる会社では
今まさに トイストーリーと タイアップ・キャンペーンを行っている
そのせいで 何となく気になる スリーが最近公開開始されましたね

トイストーリーは イチしかみてない

シドのオモチャが好きだ 壊れかけのニクい奴らが ゴソゴソぞろぞろ
もし息子が生まれて あんなものが 大量に おもちゃ箱にゴソゴソ入ってたら
友人全員に報告しますよ 誇りにも似た感情すら抱くかもしれません

本日 朝起きて コンビニでカレーを買った朝ご飯午前7時

レジの おネーさん にお金を払ってる間 
今日は 朝・昼・晩と三食カレーにするかもね と そんな感情が頭をヨギル

深い感情でない訳で そのヨギリを
そっとココロにしまう 
真綿の上にそっとヨギリを置く様に
その真綿に包まったヨギリを マッチ箱にしまう
マッチ箱は おもちゃ箱みたいなゴソゴソいろんなものが入った心中に
小さなマッチ箱は 
ゴソゴソしたオモチャの間をぬって下部へと消えて行く 記憶から無くなる

昼過ぎ 遅めの昼ご飯
パックレコードの斜め前のスーパーへ

お弁当コーナーへ行くと 売れ残りの弁当が2種類

天丼とカレー 
カレーの方が カサ があったので 量の多い方を選ぶ
むしろ正論だ

パックレコードへ持ち込み食べる

あー、 昼もカレーじゃん と 気付く

なんですかコレは 新妻に見つかったスナックのマッチみたいな
思い出すはずもない あのマッチ箱が 天秤ばかりの上から救い上げた結果の

中を開けてみれば 真綿のおかげで 優しくピカピカしている 朝の記憶
まとわりつくカレーとの不適切な関係

まぁそんな感じでして

店を閉めて 町田の古着屋に  
色あせデルマークの代わりシャツ探索

前来た時に ATARI の古着Tシャツが売ってたので 買おっかな と
Tシャツコーナー
探索するも見つからない 売れちまったかなぁと 
店内をフラフラしていると 店のおネ―さんが話しかけてきた 
何かお探しですか? と 
とりあえず今日のカレー事件の真相を話す訳にも いかないので

『以前店に顔出したんですけど そんときターゲットをオンにしていた ATARI の渋いヤツ売れちまいましたか』と いう様な事を しっかりした敬語で尋ねてみた 

すると ちょっと待って下さいね と バックに回り 
ゴソゴソと探し出したそのシャツが ターゲットをオンしていた
あの ATARI の渋いヤツだった

しかしサイズがデカすぎた・・ 
サイズ S なのに バカでかい アメリカンサイズ
仕方ない あきらめ

帰り際 おネーさんに ATARIのTシャツ探してるんですか? と聞かれたので
『探してる訳ではない しかし チャンスがあれば モノにしようと思ってる
ATARIのそのマークは非常にグッドデザインであるから』
という旨を丁寧語で過小に解答

おネ―さんも 「私もATARI大好きです!」 という返答をいただいた
非常に後味の良い 一日でした 

そして 今だ 夕ご飯は食べておらず 
あの ピカピカした自分 の 朝の爽やかさをマトッタ カレーアイデンティティをどーしたものかと 仮に買ったプリンという 本日 最後の食事にも なり得るヤツを食べながら 文章を書き終える

TEST DEPARTMENT

現在31歳、土、日、祝日すら ボロ店舗を経営しておりますが
平日はフリーアルバイターでして
地位も名声も そんなものありません

コノ程度の情報では察せませんかね?

子供もおりませんし彼女もおりません

失っては困るものありますか?

お察しの通り ございません

私 バイトに向かうため 電車を使用します
駅まで 自転車で 行きます

その駅までの 徒歩 18分という時間を
チャリを使用する事により 6分に短縮

その あさはかな時間を 自転車置き場一時使用を利用する事により
一日100円から200円を支払う事によって
その時間を購入してる訳です

本日も仕事が終わり 電車を降り 百貨店前の 駐輪スペースに到着

いつも通り財布から玉を出す手間を省くが如く
電車乗車時のボサッとした時間を有効に使い
財布より100円玉をポケットに移す

コレで財布のヒモを緩める事なくポケットからダイレクト投入!
フリーターです ヒモは緩めるもんじゃないんです

到着 料金支払い機の前に立ち ポケットに 手を突っ込み

100円を出して そのまま下に落とす
落ちた100円玉を 探す 見つからない
財布のヒモを緩め 100玉を出して 機械に投入 
いつも通り フックがハズレ 自転車をひこずり出す

そんな光景 その後

落とした100円玉 探しますよソレは 
正直 失いたくないです

ヒト探しでもあるまいし 固執して
玉にとったら ありがた迷惑ですかねぇ、、

腕を組みながら
コノ様に落ちて こんな風に転がったら
あるいは ソコにおちてるはずだ! とリサーチ

そんな時間を繰り返し チャリの足下を見るとソコにあった

そのタイヤを挟んで向こう側に もう100円あった

200円拾って家路を急ぐ。
translate
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
商品
プロフィール

PACK Record (山田卓弥)

Author:PACK Record (山田卓弥)
パックレコードとしょしつ

オープン
土曜日、第1、第3日曜日
14:00~19:00
営業日http://packrecord.blog2.fc2.com/blog-category-25.html

東京都北区田端4-3-3

https://twitter.com/PACK_Record

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。